SSブログ
ディズニー ブログトップ
前の10件 | -

『東京ディズニーランド』ようやく“美女と野獣”&“ベイマックス”を体験 [ディズニー]

s-『東京ディズニーランド』.jpg

梅雨空で肌寒い6月14日、お泊りディズニーを楽しんできました。半年おきにランドとシーを交代で遊びに行っております。

朝8時に舞浜駅前のウエルカム・センターでホテルのチェックインを済ませて、ランドへのゲートの到着したのは8時10分過ぎ、

s-『東京ディズニーランド』到着.jpg

すでに開園を待つ人々で長蛇の列ができており、開場の9時を待ちます。

s-『東京ディズニーランド』大観衆.jpg

長蛇の列のせいでしょうか、8時40分には入場がスタートしました。

s-『東京ディズニーランド』パスポート・チケット.jpg

皆さんの思いは同じで、長蛇の列のまま“美女と野獣 魔法のものがたり”のアトラクションに向かいます。

すでにスタンバイ時間は「75分」、朝一番でこの時間です!

s-『東京ディズニーランド』美女と野獣.01.jpg

皆さんお行儀よく列に並びます、パレードの待ち時間も同じで感心をしてしまいます。

私たちもそのひとりでのんびり焦らずに並びます。ただ、行列のできる飲食店は苦手ですが…。

s-『東京ディズニーランド』美女と野獣.02.jpg

これまで2回ほど入場するためのエントリーに挑戦はしましたが、共にはずれて今回が初めての入場です。

人気のほどが実感できました。アニメの“美女と野獣”の世界が目の前で繰り広がるのです。

久々にディズニー・アニメが存分に堪能できるアトラクションです。見事です!…

s-『東京ディズニーランド』美女と野獣.03.jpg

続いて楽しんだのが“ベイマックスのハッピーライド”です。

“美女と野獣”と同時に新公開されたアトラクションで、こちらも人気のため45分待ち状態でした。

若い人たちが元気いっぱいに歌い、踊り、全身で楽しんでおります。

昭和の歌謡曲の時代にペンライトをぎこちなく振っていた我々シニア世代とは大違いです。

ベイマックスが操縦するライドの動きは予測不能で、振り回されながら声を上げるほど楽しみました。

こんなワァワァ、キャァキャァ感は久しぶりです、もう何年も味わっていません。ベイマックスに感謝です!

s-『東京ディズニーランド』ベイマックス.04.jpg

s-『東京ディズニーランド』ベイマックス.02.jpg

s-『東京ディズニーランド』ベイマックス.03.jpg

s-『東京ディズニーランド』ベイマックス.01.jpg

このふたつのアトラクションには二日酔いでは乗らない方が賢明だと思います。

“美女と野獣”のお皿状のライドは、暴風雨に遭遇した客船が激しく揺れ廻るような動きがあります。

でも、それはそれで楽しいです! 我々シニアでも楽しめます、念のため…

s-『東京ディズニーランド』フォレストシアター.01.jpg

今回エントリーで入場できたのがフォレストシアターで上演される“ミッキーのマジカル・ミュージック・ワールド”です。

昨年に続き2度目の鑑賞となります。

s-『東京ディズニーランド』フォレストシアター.02.jpg

座席は昨年同様に2階席ですが、前から2列目の中央寄りでとても見やすい席でした。

s-『東京ディズニーランド』フォレストシアター.03.jpg

お昼のパレードや好みのアトラクションを楽しんで、早めにホテルに切り上げました。

夕方から小雨模様で風が冷たく寒くなってきたこともあります。

宿泊はいつもの“シェラトン・グランデ・トーキョー・ベイ・ホテル”です。

快適ホテル・ステイは次回に…

nice!(0)  コメント(0) 

『結婚記念日:お泊りディズニー』その2・パーク編 [ディズニー]

s-『東京ディズニーシー』ウオルト・ディズニーと.jpg

記念日を楽しむパークは『ディズニーシー』を選択しました。

s-『東京ディズニーシー』ワンデイパスポート.jpg

開園は予定より15分早めて8時45分、入園すると皆さん一斉にスマホでアトラクションのエントリーやスタンバイパスを取得するのに頑張っています。考えることは皆同じです!(写真左側が入園ゲート)

s-『東京ディズニーシー』入園直後.jpg

9時10分過ぎ頃に「ソアリン」のスタンバイパスをGET! この時間でもお昼の時間帯ですが、とれただけラッキー!です。

s-『東京ディズニーシー』ソアリン・スタンバイパス.jpg

続いて「ブロードウエイ・シアター」のエントリー抽選も当たり!

s-『東京ディズニーシー』ビッグ・バンド・ブラス・エントリーパス.jpg

コロナの感染防止対策で主要アトラクションで実施されている “エントリー” は、なかなか当たらず幾度となく残念な思いをしております。

緊急事態宣言が解除されてからは “スタンバイ・パス” 方式も導入されて幾分か楽になりました。ただ、早いもん勝ちなので入園と同時にアクセスしないといけません。スマホを持っていない方は各アトラクションのキャストに相談・依頼をするシステムですが、時間がかかり不利でしょうね。

巨大なスクリーンで空中飛行感覚が味わえる「ソアリン」の搭乗で思い出すのは、もう60年も前に10歳で見た京橋・テアトル東京のシネラマ方式のスクリーンで、その巨大さに小さな子供は驚愕したほどです。アトラクションとしては、92年にフロリダのユニバーサル・スタジオ・オーランドの「バック・トゥ・ザ・フューチャー・ザ・ライド」の視野一杯のスクリーンに大喜びをして、滞在中にさらにもう一度搭乗しに行ったほどでした。

最初に「ソアリン」を味わったのは03年の “ウオルト・ディズニー・ワールド” ですが、それから約20年が経ち “ディズニーシー” の映像は見違えるほど格段に向上しております。CGのきめの細かさと輝度に、アナログ人間のオヤジには言葉がありません! 特に東京の夜景には驚かされます。

「ブロードウエイ・シアター」の “ビッグ・バンド・ビート” は良く出来ているものの半分ガッカリしました。タイトルにある<ビッグ・バンド>そのものが登場しないのです。コロナ禍での生演奏を避けるためなのでしょう。バンド演奏は無くてすべて録音された音源を使用しているようです。4本指のミッキーがピアノ演奏を披露するなど、パフォーマンスと音が素晴らしいほどシンクロしていることには拍手喝さいです。と、するとタップダンスやドラムもあらかじめ録音された音源なのでしょうか?

s-『東京ディズニーシー』ターキー・レッグ.jpg

念願の「スモーク・ターキーレッグ」をいただきました。いつも食べようと思いながらつい忘れてしまうスナックです。¥800の価値と意外なほどの量が味わえます、次回も是非いただきまぁ~す!

s-『東京ディズニーシー』20周年記念.jpg

「ディズニーシー」がオープンしてもう20年、早いもんですね~。

ディズニー大好きなので、ランドもシーもオープン当時から楽しんでおります。ランドに “美女と野獣 エリア” がオープンして、今度はシーに “ファンタジー・スプリングス エリア” が23年に新オープンするそうです。宿泊したホテルのお部屋から撮影した工事中の写真です。

手前下を横切るのはディズニー・リゾート・ラインで、その向こう左側のピンクと黄色で緑の屋根は直営の新 “トイ・ストーリー・マニア・ホテル” でかなりの部屋数が確認できます。左上の黒っぽい何層もが重ねられた建物は “アナと雪の女王” のエルサのお城で、写真中央オレンジ色のクレーン車の左に建つのは “ラプンツェルの塔” 、らしいです。この新エリアにはもうひとつ “ピーターパン” の海賊船が建設中らしいのですが確認できませんでした。(右下の緑の建物は建築工事関係のプレハブです)

s-『東京ディズニーシー』新エリア工事中.jpg

ここ数年懇意としている宿泊ホテルのスタッフのコロナ禍の心配もあり、7月の七夕の時期と12月の結婚記念日と、年2回の宿泊をとおしてこの工事現場をみております。2、3年前は完全に更地でしたが、昨年はコロナで一時期工事が中断されたもののその後のスピードは早くて、半年おきですが毎回目を見張ってしまいます。オープンまであと一年そこそこ、元気で新エリアを楽しみたいものです!…

nice!(0)  コメント(0) 

『結婚記念日:お泊りディズニー』その1・宿泊ホテル編 [ディズニー]

37回目の結婚記念日を迎えることができました。

1984年12月1日に結婚式を挙げて以来、30回目の記念日から『お泊りディズニー』を企画して夫婦ふたりでささやかなお祝いをしております。

30回目の記念日で知り合ったホテル・スタッフの仕事ぶりに感動して毎年の恒例行事となり続いております。

宿泊は「Sheraton Grande Tokyo Bay Hotel」です。

s-『37回目の結婚記念日』シェラトンホテル・お祝いメッセージ.jpg

毎年お部屋には手書きのメッセージカードと共に記念品が用意されており、その心遣いだけで大喜びしてしまいます。

s-『37回目の結婚記念日』乾杯!.jpg

毎年、クラブ・ラウンジのカクテル・タイムに合わせてふたりで乾杯をしております。

ラウンジには結婚記念日を伝えていませんが、フロントが気を使ってくれたようでお祝いのフルーツ・プレートが提供されてビックリ!! ありがとうございました。

s-『37回目の結婚記念日』お祝いプレート.jpg


s-『37回目の結婚記念日』シェラトンホテル・スイーツ.jpg

今年七夕の時期にはシェラトン・ワイキキ・ホテルとコラボしてハワイ・フェアが開催されましたが、今回はコリアン・エアとの韓国フェアが開催されて、韓国の歴史から風俗、食事までもが楽しめる企画となっていました。

s-『37回目の結婚記念日』シェラトンホテル.jpg

それにしても、いつになったら海外旅行が楽しめるのでしょうか?

来年こそはハワイに行くぞっ!、と考えていたら新しいウイルス株が世界中に蔓延して来年もダメかも…?

海外は無理でも今回は「ディズニーシー」を楽しんできましたので、それは次回に…

s-『37回目の結婚記念日』ディズニー・リゾートでお祝い.jpg

nice!(0)  コメント(0) 

『お泊りディズニー』で七夕を楽しむ?・パーク編 [ディズニー]

シェラトン・グランデ・トーキョー・ベイ・ホテルでお泊りをして、翌日に『東京ディズニーランド』を楽しんできました。(7月7日)

パスポート・チケットはいつもPCで予約をしており、念のため紙のチケットもプリントして、

s-『東京ディズニーランド』紙チケット.jpg

パーク内ではスマホの「ディズニーリゾート・アプリ」を活用しています。

s-『東京ディズニーリゾート』スマホアプリ.jpg

この日のパークは10:00~19:00のオープンで、まずは10:45からの「ミッキー&フレンズのクラブマウスビート」パレードを見学。

s-『東京ディズニーランド』ミッキーのクラブマウスビート03.jpg

s-『東京ディズニーランド』ミッキーのクラブマウスビート02.jpg

エントリーが必要なアトラクションにアタックしますが、「美女と野獣“魔法のものがたり”」も「ベイマックスのハッピーライド」もアウト!

「美女と野獣」は相変わらず混雑をしているようです。エントランスの人ごみは完全に“密”状態でした。

s-『東京ディズニーランド』美女と野獣・エントランス.jpg

「美女と野獣」の隣奥のフォレストシアターで上演される「ミッキーのマジカル・ミュージック・ワールド」のエントリーはOKとなり、いざ劇場へ。

s-『東京ディズニーランド』フォレストシアター.jpg

劇場なのでウエイティング・スペースには上演予定(?)のポスターが掲示されております。中でも目に留まったのがこれです。『Pigmarion』、元々の「ピグマリオン」はミュージカル「マイ・フェア・レディ」の原作となったバーナード・ショウの戯曲ですが、ここではプーさんのおともだちでブタのピグレットが主役の花売り娘役で、ヒギンズ教授役はフクロウのオウルが演じるようです。ピグレットのピグマリオン、よく考えましたね…!

s-『東京ディズニーランド』フォレストシアター・ピグマリオン看板.jpg

エントリーしてとれたのは2階席で場内はこんな感じです。(写真撮影はここまで)

s-『東京ディズニーランド』フォレストシアター・客席.jpg

昨年、新しい味のポップコーン3種が発売されて(トゥモローランドの「ビッグポップ」)予約制での入店となりましたが、この日はガラガラで予約なしで入店・購入できて新しい味を楽しみました。

s-『東京ディズニーランド』ビッグポップ・新味ポップコーン.jpg

トゥーンタウンの「ミニーのスタイルスタジオ」もエントリーが必要ですがOKとなりました。

s-『東京ディズニーランド』ミニーのスタイルスタジオ.jpg

s-『東京ディズニーランド』ミニーのスタイルスタジオ02.jpg

スタジオ内を巡回してミニーちゃんとのフォトスナップを一枚撮るだけのもので“えっ、これだけ?…”と、実にあっけなくて物足りなさが残りました。ミニーちゃんファンにとっては最高なのでしょうね。

エントリーの必要がない通常のアトラクションは、5分、8分、10分待ちなどでスムーズに入場できます。

ファストパスを確保する長蛇の列に並んだり、60分、90分、120分待ちなどが懐かしく感じられるほどです。それがまたディズニーパークの醍醐味でもあったことでしょう。そんな日が早く帰ってくることを期待しています、もちろんマスクなしで…!

s-『東京ディズニーランド』くまのプーさん・8分待ち.jpg

二日間に渡り「七夕」のたの字も感じることはありませんでしたが、コロナ禍のこの時代でディズニーパークを楽しめただけで大満足です。

ホテルにもパークにも、スタッフの皆様にも、徹底した感染防止対策に感謝しかありません。笑顔で次回も訪問できることを願うばかりです…!

nice!(0)  コメント(0) 

『お泊りディズニー』で七夕を楽しむ?・ホテル編 [ディズニー]

7月7日の七夕を「東京ディズニーランド」で楽しもうと「日帰りディズニー」を企画しました。

お馴染みのホテルを検索すると、クラブ・レベルの2ベッドルームが税込み¥24,395で宿泊できる事が判明。

早速予約を入れて、さらに額面¥10,000のホテル・バウチャーが¥8,000で発売中だったので2枚購入。

s-シェラトンホテル・ホテルバウチャー.jpg

バウチャー利用で宿泊費は¥20,395でひとり約1万円となり、「日帰りディズニー」が急遽「お泊りディズニー」に変更となってしまいました。

s-シェラトンホテル・クラブルームご案内.jpg

クラブ・ルームなので専用ラウンジが利用出来て、夕刻のカクテル・タイムも、朝食も、利用できます。

それらを含めてひとり約1万円です! ラッキー!…

s-シェラトンホテル・ルームキー 1281号室.jpg

お部屋はクラブ・フロア12階の81号室です。

お部屋には手書きのメッセージ・カードが用意されており、小さな心遣いに大喜びです。

s-シェラトンホテルからのメッセージ.jpg

聞くところによると12階のクラブ・フロアはリニューアル中で、すでに廊下やエレベーターホールは濃い茶色でシックなたたずまいに変身しておりました。

宿泊した81号室はモデル・ルームとして改装、今後の意見を取り入れながら最終的に細部の改装を決めるそうで、いち早く新スタイル・ルームを体験出来て、またまたラッキー!…です。

s-シェラトンホテル・1281号室.jpg

ホテルではハワイの同系列のシェラトン・ワイキキ・ホテルとハワイアン航空とのコラボで、「ハワイアン・フェア」を実施中でした。

シェラトン・ワイキキ・ホテルは以前かなりの期間常宿として利用した懐かしさがあり、ここ2年ばかりはハワイに行けないうっぷんも溜まっており、それらを含めてハワイの良き思い出がよみがえりました。

s-シェラトンホテル・ハワイアンキャンペーン02.jpg

「シェラトン・クラブ・ラウンジ」で乾杯!

s-シェラトンホテル・クラブラウンジ.jpg

s-シェラトンホテル・クラブラウンジで乾杯.jpg

ここのホテルにはマスコットのキャラクターがおります。ペンギンとシェラトンをかけて『ペントン』です。

これまでに様々なペントンが登場しており、レストランには食べられるペントン型のチョコレートもあります。

s-シェラトンホテル・ペントンの仲間たち.jpg

今回初めてアロハシャツにウクレレを手にするハワイアン・ペントンが登場しました。

s-シェラトンホテル・ハワイアンスタイルのペントンと….jpg

「七夕」を楽しみに行ったのですが「ハワイ」を楽しんでしまいました。

s-シェラトンホテル・ハワイアンキャンペーン03.jpg

s-シェラトンホテル・ハワイアンキャンペーン01.jpg

「MAHALO」ハワイ語で「ありがとう」。(写真はシェラトン・ワイキキ・ホテルのインフィニティ・プール)

楽しい思い出をたくさん創っていただき、さらにリーズナブルで、こちらからもMAHALO!です…

nice!(0)  コメント(0) 

『東京ディズニーシー』36回目の結婚記念日 [ディズニー]

コロナ禍ですが恒例の結婚記念日お泊りディズニーを楽しんできました。ランドとシーを交代に訪れて今回は“ディズニーシー”の番です。

s-『東京ディズニーシー』パスポート・チケット.jpg

ディズニー・リゾートが再開されて、7月13日に“ディズニーランド”を訪れたときと比べると入園者は格段に多くなっております。たくさんの方々が楽しんでいる姿にホッとしますが、コロナの感染拡大には十二分に注意が必要です。

s-『東京ディズニーシー』ソーシャル・ディスタンス.jpg

このマークが無くなる日を待ち望んでおります。

大好きな“ビッグ・バンド・ビートのブロードウエイ・シアター”や“アリエルのマーメイド・ラグーン・シアター”などステージ・ショウは今回休止となっております。残念でたまりませんが、それはそれで他を楽しめば良いのですから…。

“タワー・オブ・テラー”のウエイティングではキャストと呼ばれる係のお姉さんから話しかけられて、“タワー~”は出来て10年、“シー”は来年で15周年を迎えることを聴き、さらに本場アメリカの“タワー~”の違いについて話が盛り上がってしまいました。なんとお互いにフロリダ・オーランドで「大絶叫!」を体験していたのです…。舞浜に通い始めて30年以上になりますが、キャストのお姉さんとこんなに長くお話したのは初めてです。お姉さんも、年寄りふたりがオーランドではしゃいでいたとは驚いたことでしょうね。

s-『東京ディズニーシー』タワー・オブ・テラー.jpg

オーランドがらみでもうひとつ、“ソアリン:ファンタスティック・フライト”です。

s-『東京ディズニーシー』ソアリン.01.jpg

カリフォルニアのディズニー・ランド・パークで登場して大評判となり、すぐさまオーランドのディズニー・ワールドにも登場、10数年を経てようやく舞浜にも登場した人気アトラクションです。オーランドで「New Open!」で乗った時はカリフォルニアのディズニー・パークから飛び立ち、雲を抜けるとジェット戦闘機と出会い慌てて急降下をしてオレンジの香りが漂う農園上空などを飛行して、花火が打ち上がる夜のディズニー・パークに戻ってくる内容でした。舞浜版はバージョン・アップされて行動範囲が世界に広がっております!家族揃って楽しめる正にディズニーらしいアトラクションです。

s-『東京ディズニーシー』ソアリン.02.jpg

パークで楽しんだあとは、宿泊のシェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテルで乾杯!

s-『シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル』結婚記念日乾杯!.jpg

36回目の結婚記念日は“Happy Holidays!”でした…s-『シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル』ハピー・ホリディ!.jpg

nice!(0)  コメント(0) 

『ディズニー・クリスマス・ストーリーズ・パレード』東京ディズニーランド [ディズニー]

90年代から夫婦でお泊りディズニーを楽しんでいます。宿泊は最初からシェラトン・グランデ・トーキョー・ベイ・ホテルです。当初は2パークをそれぞれ一日づつ、精力的に廻っていましたが年齢と共にきつくなり、今ではいち日目をパークで遊び、二日目はパークに隣接するイクスピアリで食事をしたり買い物を楽しんだりして早めに帰宅のパターンとなっています。

年に一度の恒例となっていますが2014年に結婚30周年を記念して、初めて記念日宿泊をしました。シェラトンホテルのポイントを利用しての無料宿泊だったのですが、それにも関わらずにホテル・スタッフの素晴らしいおもてなしの接客にビックリして、以来我が家のお泊りディズニーは結婚記念日行事と定着してしまいました。今年は35周年となり、記念日宿泊は連続6年目となりました。

12月2日朝、ディズニー・ウエルカムセンターでチェックインを済ませてディズニーランド・パークに向かいますがあいにくの曇天です。

s-東京ディズニーランド01.jpg

毎年の事ながらこの時期は、“クリスマス・セレブレーション”で多くのお客様の熱気に包まれております。パークでは、その季節、その時期にしかないパレードが楽します。

s-東京ディズニーランド02.jpg

s-東京ディズニーランド03.jpg

今回は“ディズニー・クリスマス・ストーリーズ”、午前10時25分スタートでしたが、思いもかけずにあいにくの雨…、パレードがスタートする頃にはドシャ降りになってしまいました。

s-『ディズニー・クリスマス・ストーリー』雨バージョン01.jpg

本来のパレードは中止となり、その代りにミッキーとお友達たちが挨拶に周ってくれるとのアナウンスがあり、雨の中傘をさしての観覧となりました。しかも、寒い!…。

雨の日用の特別バージョンが存在することは知っていましたが、体験するのはディズニー歴30年を超す私たち夫婦も初めてです! どしゃ降りの雨の中で、これも面白い経験となりました。

本来のパレードではないと言いながら、時間は短くても立派なパレードでした。見学しながらひとつ面白いことに気がつきました。キャラクターが着用しているレイン・ポンチョ(雨がっぱ)です。

s-『ディズニー・クリスマス・ストーリー』雨バージョン02.jpg

キャラクターの体格に合わせて、当然でしょうが全てオーダーメイドなのです。

s-『ディズニー・クリスマス・ストーリー』雨バージョン03.jpg

トイストーリーのジェシーでは、被っているカウボーイ(カウガール?)・ハットが綺麗に守られております。

s-『ディズニー・クリスマス・ストーリー』雨バージョン04.jpg

市販のポンチョと違って、からだと頭部が完全に別誂えとなっています。

ミッキーの顔は良く見えるようになっておりますが、トレードマークのまん丸な耳はスッポリと収められて雨から守られています。

s-『ディズニー・クリスマス・ストーリー』雨バージョン05.jpg

プリンセスのドレスもパラシュート状の大きなポンチョで守られています。着付けが大変でしょうね。

s-『ディズニー・クリスマス・ストーリー』雨バージョン06.jpg

ベルと共に立つ野獣を見ると、頭には何も被っておりません。まさか着け忘れたわけではないでしょうが、どしゃ降りの雨が浸みこんで相当重たくなっているはずです。乾かすのが大変そう…!

s-『ディズニー・クリスマス・ストーリー』雨バージョン07.jpg

同じプリンセスでもアナとエルサは完全防備です。顔だけしっかり出してボタンで前止めしています。さらには胸まで長いスカートで二重に雨から守っています。雪には強くても雨には弱いんでしょうね。

同じことがオラフにも言えます。

s-『ディズニー・クリスマス・ストーリー』雨バージョン08.jpg

袖付きのポンチョのようです。しかも頭上の小枝がしっかり飛び出ております。雨の中ご苦労さまです!

初めて見た雨の日用の時別バージョン・パレード、見たくても普段は見られません。記念日宿泊と共に良い思い出となりました。雨の日でも楽しめるディズニー・パーク、これもディズニー・マジックなのでしょうか? ディズニー大好きです…!!!


nice!(0)  コメント(0) 

『New イッツ・ア・スモールワールド』東京ディズニーランド [ディズニー]

東京ディズニー・リゾートが誕生して今年で35周年。我が家の結婚記念日は一年遅れで34回目となります。30回目の記念日から結婚記念日お泊りディズニーを楽しんでいます。宿泊は毎年シェラトングランデ・トーキョーベイ・ホテルでパークはランドとシーを交代で訪れております。シェラトンでのお泊りディズニーはリゾート開園当初から続いて、以前は一泊二日で両パークを楽しんでおりましたが、年齢を重ねる度に体力に余裕が無くなり、ワン・デイ=ワン・パーク・オンリーとなってしまいました。

s-結婚34周年記念・お泊りディズニー.jpg

今年の順番はランドで、お目当ては新しくなった“イッツ・ア・スモールワールド”です。

s-『新イッツ・ア・スモールワールド』外観.3.jpg

パーク開園以来、大幅にリニュアルされたスモールワールドを楽しんできました。

s-『新イッツ・ア・スモールワールド』.jpg

1964年のニューヨーク博覧会でユニセフの依頼によりウオルトがこのパビリオンを建てたことはよく知られております。それ以後各国のディズニー・リゾートでアトラクションとして開設されて、登場する人形は何回か改良されて、顔の表情が豊かになったり動作が増えたりしましたが、今回はライド(ボート)の乗り場から順番待ちの並び列までもが変更されております。お城に入ってまず感じるのは明るくなったことで広さも感じられます。

そして一番大きな変更は、登場する人形にディズニーのキャラクターが加わったことです。ライドが動き出してお馴染みのテーマソングが流れだしてまず目にするのがアナと雪の女王のメンバーです。

s-『新イッツ・ア・スモールワールド』アナと雪の女王.jpg

もちろん、クラシカルなディズニー・キャラクターも登場します。ピノキオやピーターパン…

s-『新イッツ・ア・スモールワールド』ピノキオ.jpg

s-『新イッツ・ア・スモールワールド』ピーターパン.jpg

次は何が登場するか、ワクワク、ドキドキしてしまいます。開園当初に初めて乗ったライドの興奮感が蘇ります。40体ほど新しく加えられたそうですが、もちろん最新のキャラクターも登場します。ラプンツェルにリロ&スティッチ、モアナまでもが…

s-『新イッツ・ア・スモールワールド』塔の上のラプンツェル.jpg

s-『新イッツ・ア・スモールワールド』リロ&スティッチ.jpg

s-『新イッツ・ア・スモールワールド』モアナと伝説の海.jpg

従来の世界中の子供たちに交じって登場するディズニー・キャラクターたち、探し当てると思わず声を出して名前を呼んでしまいます。それらのシーンでは、各国の言葉で歌われるお馴染みの曲の中に、それぞれのキャラクターのテーマ曲がまぎれているようで僅かですが聞き取れます。目を凝らしてキャラクターを探してしまいますが、次回は耳を凝らしてそれらの曲をさらに楽しむつもりです。隠れミッキーを探すようなお楽しみですが、これもディズニー・マジックなのでしょうか?

s-『新イッツ・ア・スモールワールド』外観01.jpg

アナハイムやオーランドのマジックキングダムではどのような展開になっているのでしょうか?気になります。それにしてもディズニー・パークを訪れる楽しみがまたひとつ増えました。来年の結婚記念日まで待てないなぁ~!…


nice!(0)  コメント(0) 

東京ディズニーリゾート 究極のファストパス [ディズニー]

秋の一日、東京ディズニーランドで遊んできました。(9月12日) 園内はすでに“ハロウィーン”会場となっております。

s-ハロウィーン2016.jpg

私たち夫婦は高齢者なので“シニア・パスポート”を購入。一般がひとり7,400円のところシニアですと6,700円で済みます。パスポート券のデザインが一新されておりました。

s-パスポート券・シニア.jpg

朝の比較的すいている時間に“スター・ツアーズ:ザ・アドベンチャーズ・コンティニュー”や“スティッチ・エンカウンター”などを楽しみ、“プーさんのハニーハント”に向かったところすでに75分待ち状態なのでFP(ファストパス)をゲットしました。

s-ファストパス(9:48発行).jpg

9時48分の発行で、入場は16時40分からです。人気のほどがわかります。

日が暮れるまで遊んだあと、最後のアトラクションとして“ホーンテッドマンション”に行きました。待ち時間は25分、まぁいいか…と並んで、目の前にウエイティング・ルームの扉が見えるまで進んだ時に、「設備の点検を行いますので、しばらくそのままの列でおまちください!」との連絡がありました。「しばらく」の時間がわからずに待っていると、アトラクション中止の連絡となり、並んでいるキャストに手渡されたのがこの券です。

s-優先入場整理券.jpg

“優先入場整理券”です。写真はその表と裏面です。83年の開園以来、30年以上ディズニーランドを楽しんでおりますが、この券を手にしたのは初めてです。近くにいた若い男の子が「おっ、究極のスーパーカードだ!」と叫ぶ声が聞こえました。当日限りですが全てのアトラクションに優先入場できます。もちろん一枚につき一回限りですが。表面の左右に日付とランド、シーの区別がわかるようになっております。ちなみにこの券は9月12日のみ、L(ランド)での使用が許可されています。

時間も遅く帰るつもりでおりましたのでアトラクションには入場せずに予約してあるホテルへ向かいました。生まれて初めて手にしたこのチケットは立派な記念品です。

かなり前ですが希望したアトラクションが、やはり点検のためにストップしたことがありました。その時はファストパスを持っており、再開したら表記時間外でも使えると言うことでそのまま利用させていただきました。安全、安心に楽しむためには小さなアクシデントは仕方ありません。長生きをすればするほどいろいろなことがあります。ひとつひとつ、それらをみんな楽しむ余裕も必要ですよね。人生を楽しみましょう…!


nice!(0)  コメント(0) 

ディズニー・キャラクター・グリーティング [ディズニー]

ディズニー大好き人間なので、東京ディズニー・ランド開園以来、すでに30年以上通い続けております。途中で東京ディズニー・シーや直営ホテルも出来て、総合名称が東京ディズニー・リゾートに変わり、宿泊も含めて楽しんでおります。

開園当初は、いち日でアトラクションにいくつ乗ったかその数を競うような楽しみ方をしておりました。今では加齢のためか、シアター系でゆっくり座って楽しめるアトラクションか、キャラクター・グリーティングを楽しむようになりました。今回はそれらの写真を紹介します。まずは東京ディズニー・ランド、トゥーンタウンの『ミッキーの家とミート・ミッキー』からです。s-ミッキーの家とミートミッキー01.jpgs-ミッキーの家とミートミッキー02.jpg

屋外に登場するキャラクターとの撮影は、我先にと我が子を並ばさせるわがままな若いママたち(最近は少なくなってきましたが…)や、女子中高生たちのキャーキャー騒ぎながらの撮影にうんざりしていますので、屋外でのその輪には加わりません。アナハイムやオーランドでは、整然と並んで順番待ちをします。順番がくると、おしゃべりを楽しみながらサインをいただき、写真を撮らせてもらいます。いい年をしたおじさんとおばさんが子どもたちと一緒に堂々と並んでいるのです。それこそがディズニー・マジックなのでしょうね。海外では感じることができます。

と言うわけでTDLでは、屋内のアトラクションとして設定されたキャラクター・グリーティングを楽しんでいます。東京ディズニー・シーに充実しておりますので紹介をします。最初は、マーメイド・ラグーンにある『アリエルのグリーティング・グロット』です。クリスマス・シーズンだったのでアリエルはサンタさんの格好をしています。

s-アリエルのグリーティングロット01.jpgs-アリエルのグリーティングロット02.jpg

アリエルとはお喋りも出来ます。この日はちょうど結婚30周年記念日でしたので、お祝いの言葉もいただいてしまいました。

ロストリバー・デルタでは『ミッキー&フレンズ・グリーティング・トレイル』で、ミッキー、ミニーちゃんそしてグーフィーに会うことができます。

s-ミッキー&フレンズ・グリーティングトレイル“ミッキー”01.jpgs-ミッキー&フレンズ・グリーティングトレイル“ミッキー”02.jpg

s-ミッキー&フレンズ・グリーティングトレイル“ミニー”02.jpg

s-ミッキー&フレンズ・グリーティングトレイル“ミニー”01.jpgs-ミッキー&フレンズ・グリーティングトレイル“グーフィー”01.jpgs-ミッキー&フレンズ・グリーティングトレイル“グーフィー”02.jpg

さらに『サルードス・アミーゴス! グリーティング・ドック』では、ドナルドに会えます。s-サルードス・アミーゴス!グリーティングドック“ドナルド”01.jpgs-サルードス・アミーゴス! グリーティングドック“ドナルド”02.jpg

さて次は誰に会いに行きましょうか? アメリカン・ウォーター・フロントに『ヴィレッジ・グリーティング・プレイス』があります。そこからでしょうね…

 


nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | - ディズニー ブログトップ